カネ吉だしのこだわり

カネ吉だしのこだわり

日本のおだし

朝、目が覚めたときのお味噌汁の香り。
街角の蕎麦屋から漂うかつおだしの香り。
冬の夕暮れ時、食欲を刺激するおでんの香り。

それはわたしたち日本人が生まれたときから
親しんできた「だし」の香り。
どこか懐かしさを覚えるこの香りから、
浮かぶ記憶は無数にあることでしょう。

日本の「だし」は、
原料の鰹節や昆布などから凝縮された『うま味』をとりだし、
それを他の素材に移し、しみ込ませることで、
野菜などが本来持っている香りや味わいをより引き立たせます。

日本人は、四季の織りなす自然の恵みと豊かな海の恵みを、
繊細な「だし」によって
素材の美味しさを引き出す独自の食文化を発達させてきました。

国産厳選素材
化学調味料・
食塩不使用

本来「だし」とは、
鰹節や昆布などの乾燥原料を揃えて時間と手間をかけてひくもの。
けれど、十年ひと昔。
世の中が目まぐるしく移り変わっていく時代に合わせるように、
簡単に「だし」をとれるものもでてきました。
もちろんその便利さに助けられている人もいると思いますが、
中には添加物などが含まれているものも少なくありません。

わたしたちはいつものお味噌汁を
もっと美味しくお召し上がりいただきたいのです。

厳選した素材をつかった「本格だし」
鰹節、めじ鮪、真昆布。すべてが国内産素材です。
化学調味料や保存料、食塩などの調味料も一切使用していません。

静岡県の蒲原という小さな漁師町で生まれたわたしたちが
こだわり選び抜いた国産素材の繊細な旨みを
ぎゅっとつめてつくり上げた本格だしパック。
料亭の味をお気軽にご家庭でお楽しみいただけます。

ほっとひと息。
カネ吉のだしが、あなたの毎日の暮らしを、人生を豊かにします。