煮豆へのこだわり

素材にこだわり。味にこだわり。

“自分が食べて本当に美味しいと思うもの”を。

私たち作り手自身が、本当に美味しいと思えるものでなければ、お客様を感動させることはできません。
商品から伝わる「心」を大切に、ひと釜ひと釜大切に炊き上げるよう社員一人ひとり情熱を込めて炊き上げています。

“自分が食べて本当に美味しいと思うもの”を。

煮豆へのこだわり

豆本来の素朴な甘さとほっくりとした食感は、現代の食卓では決して目立つ存在ではありませんが、食卓やお弁当に煮豆があるだけで、なんだかほっとするのではないでしょうか。
当社は水漬けから丁寧に始め、職人の手により一粒一粒茹で上げることにより、豆本来が持っている旨味・甘味・香りを最大限引き出しています。煮豆の製造を開始して以来、工場は自動化された機械を導入しておりますが、最終的には手作りにこだわり、職人がひとつひとつ豆の状態を確認し、茹で上がりの柔らかさは、「さし棒」で職人の手の感覚によって確認しています。
長年手作りにこだわり続けてきた当社だからこそ実現できる本来の品質・本物の味を守るため、私たちは今後も煮豆作りにこだわり続けていきます。

煮豆へのこだわり