宮崎県産ヒノヒカリ

宮崎県の大自然を有効活用!
循環型農業で育んだ 出来るだけ農薬・化学肥料を抑えて育てた「美味しくて安全なお米(ヒノヒカリ)」です!!

 

●カネ吉のお米はこだわっています!!

カネ吉のお米づくりは、シンプルに「美味しくて安全なお米づくり」だけを考えて作っております。だからこそ、私たちは、農薬を使わず土本来の力を引き出し、田んぼにいる微生物や昆虫などの生態を勉強し、循環型の農業スタイルを築くことを目標に取り組んでおります。

今回のお米は、私たちグループ会社である農業法人(ファームヤマザキ)が、種まき〜稲刈りまでの栽培管理を行い、精米〜梱包・発送までの作業をカネ吉が担当しております。

通常、スーパーなどの量販店では、「○○産」と表示されていますが、そのお米は誰がどの田んぼで栽培したのかよくわからないことが多いかと思います。しかし、カネ吉のお米は、私たちグループ会社が栽培しており、、栽培した人の顔がしっかり分かるので「安心・安全」なお米です。

 

POINT1:土地選び

「寒暖の差」「清らかな水」「豊かな自然環境」美味しいお米づくりには必要な要素です。私たちは、この美味しいお米が育つのに適した宮崎県の中山間部を自らの足で土地を選びお米を栽培しました。

 

 

POINT:2:土づくり

田植え時に除草剤を1回のみ使用し、その後の化学肥料は一切不使用。
私たちは、土壌の状態をよく見極め、出来るだけ農薬や化学肥料を抑え、稲本来の生命力や土壌の力を引き出し、自然の力を借りて土づくりに取り組んでおります。
また、田んぼには、多種多様な微生物や生き物が共存しております。それは、土が安全である証拠ではないでしょうか。

 

 

POINT3:新鮮!精米したてをお届け

お米で一番美味しいのは、精米したてのときです。お米は精米してしまうとその瞬間から酸化が始まり、2〜3週間程度でお米の風味が逃げてしまいます。カネ吉では、少しでも美味しいお米をお届けしたいという想いで、ご注文を頂いてから精米しております。

 

■”ヒノヒカリ”とは?

父に「コシヒカリ」、母に「黄金晴(こがねばれ)」を交配して誕生したお米で、九州(西日本)の暖かな太陽をあらわす「日」とお米が光り輝くさまの「ヒカリ」から名前が付けられたお米です。
味・粘り・香りともにバランスがよく、味が濃すぎず粘り過ぎず、ふんわりとしたお米本来の風味が楽しめ、また炊き立てよりもさめてもおいしいお米です。
 

 

▼商品ページはコチラから

http://www.kanekichionline.com/shop/item_list?category_id=487862